お知らせ

2020/07/15

肌荒れ

こんにちは🌞近鉄薬品です💐


天気が悪くなったり良くなったり、おかしな天気が続いていますね😅



湿気が多く、マスクもしないといけないので
肌荒れで悩まれてくる方も多いです😰


そんなときに、オススメの!商品を紹介します😆🤭


"タイワクムメルシエキ"


肌荒れしそうなところ、肌荒れしているところ、ニキビがあるところ、
全般的に塗れます。

イオウが入っているので、普通に置いていると下の方に沈殿しています。


☀️朝は容器を振らずに塗ります。
🌙夜は容器を振って塗ります。

YouTuberのほしのこさんが紹介しているので
見てみてください✨
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://youtu.be/5WJCj_1m_fY

肌荒れ
肌荒れ

2020/07/14

不妊漢方


西洋医学的な不妊治療について、漢方で自分の体質を見つめ直すために、一度ご来店いただき、体質を判断してからお話しさせていただきます。

不妊漢方
不妊漢方

2020/07/14

お香

最近はお店でお香をたいています🍂🌾🍃


最初は香りがきついなと思っても、
体が徐々に軽くなってリラックスできます。


おすすめのお香が置いてあるのでお立ち寄りの際は
ぜひ香りを楽しみにきてくださいね。


お香
お香

2019/05/04

「マスティック」と「スクアレン」について




🌿マスティックとは?🌿

・地中海に浮かぶギリシャのヒオス島に自生する5000年前から活躍している価値あるハーブです。
 乾燥した大地に力強く育つ生命力の強い、エーゲ海のハーブ“マステイック”の木から採取される樹液エキスです。

・古代ギリシャ時代から、樹液をそのまま口に入れて噛むことで、歯を輝かせたり、丈夫にするのに用いられたといわれます。
 また、胃が痛いときにも使用された経験があると言います。

・程良いヒノキの香りがするので、気分を落ち着かせる効果もあります。

・強力な抗ピロリ菌作用と抗歯周病菌作用を有する、唯一の健康素材です。



★マスティックの作用

 ①ピロリ菌を殺菌する
 ②十二指腸潰瘍の治療
 ③胃潰瘍の治療
 ④抗酸化作用
 ⑤抗菌・抗真菌作用
 ⑥歯を強くし、白くする(口臭を消す効果も)



★胃がんの予防!?

・ピロリ菌に感染するとヘリコバクター・ピロリ感染胃炎を発症します。症状がない慢性炎症になる場合も多いです。
 感染状態が続くと、、、、

   胃潰瘍、慢性胃炎、十二指腸潰瘍を発症
         ⬇︎
   胃の痛み、吐き気、貧血などの自覚症状が起こります(症状が乏しい、症状がない人もいます)
         ⬇︎
   その一部が胃がんに進展します。

 年齢や胃炎、萎縮の程度にもよりますが、ピロリ菌に感染した人の3~5%程度が10年後以降に胃がんになるというデータもあります。

・マスティックは胃がんの原因でもあるピロリ菌を殺菌する作用があるので、1~3ヶ月くらい続けていただくと除菌に役立ちます。




🦈スクアレンとは?🦈

・一言で言い表すことは難しいですが、当店では「酸素の運び屋」という風に説明しています。
 私たちの身体は、スクアレンを経由してステロイドホルモンのような生理活性物質をつくっています。
 これらは、私たちの身体の調整になくてはならない重要なはたらきをしてくれます。



★スクアレンの8大作用

①免疫調節作用 
→身体を守る機能を高めます。

②細胞賦活作用
→弱った細胞や傷ついた細胞の生まれ変わりを促進します。
 傷ついた臓器や皮膚・粘膜細胞の修復を早めてくれます。
 ひとつひとつの細胞はコレステロールを主な構成成分とする細胞膜で覆われていて、このコレステロールはスクアレンからつくられています。

③抗酸化作用
→活性酸素を除去し、過酸化脂質の発生を抑制します。
 その他の有害な物質が出るのを防ぎ、体の営みを正常化し、細胞をいきいきさせてくれます。

④解毒作用
→有害物質の排出を促進します。
 肝臓や腎臓の細胞を賦活し、解毒機能が高まります。

⑤血中酸素増大作用 
→スクワレンは「酸素の運び屋」と呼ばれています。
 血液中の酸素を増やし、呼吸器不全など
 酸素供給量が不十分なときの力強い味方になってくれます。

⑥鎮痛作用 
→痛みを鎮めるはたらきがあります。
 この鎮痛作用は、発痛物質の作用を抑え、
 酸素供給を高めることによるとされています。

⑦浸透作用 
→スクアレンは細胞との親和性が高く、よく馴染んで浸透します。
 他の併用薬の吸収を促進し、相乗効果を高めます。

⑧殺菌作用 
→細菌の発育をとめます。
 スクアレンは皮脂腺から正常に分泌されることで、細菌の増加を防いでいます。



★スクアレンの作用 こんな方にオススメ!!

・勉強や仕事に集中できない。集中力が続かない。
・人より息切れする。鼻息が荒い。息苦しい。(肺気腫などによるものにも)
・お酒を飲んだ次の日に頭が痛くなりやすい。(二日酔い)
・しわ、しみ、たるみが気になる方。
・自律神経の乱れ
・水虫の方




「マスティック」と「スクアレン」について
「マスティック」と「スクアレン」について

2019/03/31

〜お薬コラム〜サプリメント・健康食品について





最近、ドラッグストアやコンビニ、TV・新聞の広告など健康食品やサプリメントがたくさん出回っています。

自分の食生活の中に健康食品を取り入れられている方、これから飲みたいと考えてみえる方がたくさんいらっしゃいます。



しかし、日本では健康食品の製造・販売には法的な規制がほとんどないため適当に作って売っているものと、
薬品と同じレベルの臨床試験を行い効果や安全性を科学的に立証しているものが、同じように売られているのです。



例えば、ローヤルゼリーを買いたいとしましょう。
そこで何種類かのローヤルゼリー製品をみつけました。
さあ、どれにしようか?とラベルを見てみますが、どれも純正とか最高級ローヤルゼリー原料○○mg相当含有と書いてあり中身の違いはほとんどわかりません。
 

また、どのような製品なのか的確にアドバイスしてくれる人もいなければ、なおさら判断が難しいのも当然です。
そこで消費者が、その違いを見分けたいと思っても、知識や情報が少ないので見分ける事はまず不可能に近いのが現状です。


そこで選ぶ基準は、唯一違いが判断できる値段になります。
「安いからこれにしておこう」または「高いからきっと効果がありそうだ」というのが一番危険な判断基準です。


なぜなら、本物の健康食品を製造するためには、それなりの研究費や開発費がかかります。
当然、価格は標準よりも高くなる場合が多くなります。

また販売戦略として「値段が高いからきっと一番効果があるのだろう」と考える方々を意図的に狙った不当に高価なものがあるという事です。



健康食品を選ぶときの判断基準として、ひとまず価格は置いておいてください。

ただ、健康食品は基本的には食事と同じように継続して飲むものもあり。
毎月無理なく続けられる価格帯であると言うことも大変重要です。
本物の健康食品を選ぶには、薬品と同じレベルの臨床実験が行われ、安全性,効果・効能を科学的に研究開発している信頼できる製薬メーカーや、
より良い製品を見極める目を持った薬剤師、販売員のいる店舗販売製品を選ぶのが安心です。



〜お薬コラム〜サプリメント・健康食品について
〜お薬コラム〜サプリメント・健康食品について